アイブローの使い方

アイブローの使い方について説明してみましょう。
眉の毛の流れが一定ではない場合は、アイブロー専用のコームで流れを整えてあげた方が眉の形を作りやすいと思います。
これをきちんと使えるか使えないかで、メイクの完成度が異なります。
だからこそ、多くの女性はアイブローの使い方をマスターする為に練習を重ねます。
また、アイブローに関しては「自分に合ったタイプのものを見つける」ことが何よりも重要になります。
例えば、ペンシルタイプのアイブローははっきりとした線を作ることができますが、反面「線になりやすいので眉にムラができやすい」と言うデメリットがあります。
パウダータイプのアイブローは柔らかい印象を作りやすいので、失敗が少ない代わりに「使い方次第でぼんやりとした雰囲気になってしまう」ことがあります。
最近はマスカラの様なタイプのアイブローも流行していますが、落ちにくいというメリットの代わりに「失敗が目立つ」「慣れるまで大変」な所もあります。

アイブローを使う前に、まずは眉毛の毛を整えなければなりません。
雑誌に掲載されているアイブロー情報を参考にしたり、綺麗な眉を作る方法を参考にしたりするのも良いんじゃないかと思いますよ。
アイブロー、色々な使い方をしてみて下さいね。
アイブローの使い方はとても奥が深いのです。

アイブローの使い方がどうしても解らないという人は、デパートのコスメカウンターなどで実際に使い方を聞いてみると良いと思います。
また、最近は薬局でもアイブローの使い方を指導してくれるところがあるので、こちらも利用してみて下さい。
考えてみて下さい、両眉がアンバランスだとみっともないですよね?
だからこそ、最初はアイブローを使って「左右対称の眉を書く」と言うことを練習していくのです。
それからアイブローで眉を整えていきますが、この時は眉の流れに沿って描いていくことが重要だと思います
posted by kokosu at 10:53 | 知ってましたか
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。